AVIC 生産拠点 (海南)

AVIC 生産拠点 (海南)は、海南省老城経済開発区に位置しており、三つの世界クラスの珪砂鉱山を持っています。

生産ライン
私たちはPPGインダストリーズと協力してハイエンドガラスの研究開発と生産基地を設立しました。
工場には、生産能力が600トンのフロートガラス生産ライン4本、余熱利用発展装置付きオンラインCVDコーティング装置2本を装備しています。その中、酸素完全燃焼工程を採用した生産ライン1本、高アルミノケイ酸ガラスと低鉄フロートガラスの生産ライン1本があります。

主要製品
この生産拠点では、省エネで環境に優しい生産工程を採用して、省エネで環境に優しいの製品を製造しています。主に薄型透明フロートガラス、低鉄フロートガラス、オンラインLow-Eフロートガラス、ソーラーコントロール Low-E ガラス、TCOソーラーガラス、、航空機用ガラス、高速列車用ガラス、スクリーン保護ガラスなどが含めております。これらの製品は、建築、電子工業、航空産業、自動車産業、太陽エネルギー産業、家電産業、家具など広い分野で使用されています。

海南生産拠点:フロートガラス生産ラインのコールドエンド 装置- GRENZEBACH

 

海南生産拠点:フロートガラス生産ラインの焼鈍炉