AVIC 生産基地 (安徽蚌埠)

AVIC 生産基地 (安徽蚌埠)は、低鉄パターンソーラーガラスの研究・開発、生産・販売をしており、蚌埠市の中国ガラス新材料科学技術工業パーク内に位置しています。

生産ライン
この生産拠点の面積は約19,000㎡、250T/D低鉄パターンソーラーガラスの生産ライン1本、650T/D低鉄パターン太陽ガラスの生産ライン1本を有しています。現在、650T/D低鉄パターン太陽ガラスの生産ラインは、世界的最大規模の低鉄パターン太陽ガラスの生産ラインであり、2011年から生産を始まりました。私たちは太陽光発電産業における主なサプライヤーとなりました。

メリット
この生産拠点は多くのお客様から好評をいただいており、様々なメリットを持っています。

1.技術
中国のガラス産業における最大の設計及び研究機関によって、自社開発した太陽ガラスの製造技術で高品質の製品を製造することができます。

2.設備
世界的先端の生産設備を使用しており、全体の生産ラインは世界クラスの低鉄ソーラーガラス生産工程によってハードウェア及びソフトウェアを装備しています。China Triumph International Engineering Co., Ltd.,により設立されたので、高効率、安定的で安全な運行を確保しています。

3.品質管理
光電池の技術要求に応じて、先端のオンライン及びオフラインガラス品質検査装置にソフトウェアを装備しています。蛍光X線分析装置を使用して、ガラスの原材料と最終製品の成分を検出することで、鉄の含有量を所望の範囲内に制御しています。

4. サービス
品質に優れた製品、迅速で親切なサービスを提供しています。

AVIC 生産基地 (安徽蚌埠) : 650T/D低鉄パターンソーラーガラスの生産ライン

 

AVIC 生産基地 (安徽蚌埠) : 250T/D低鉄パターンソーラーガラスの生産ライン