曲面ガラス

曲面ガラスには、一般曲面ガラス、曲面強化ガラス、大型曲面強化ガラスの3種類があります。

一般曲面タイプ
一般曲面ガラスはガラスを軟化点温度近くまで加熱し、その後急激に冷却することにより作られています。

曲面強化ガラス
曲面強化ガラスは、ガラスを軟化点温度近くまで加熱し、冷却設備の形状に一致する形状を形成する為に、冷却部に供給されます。そして冷却します。

大型曲面強化ガラス
海外の先端技術を導入して、大型曲面強化ガラスを加工しています。最大アークの長さは12000mmに達しています。

実行標準
GB/T15763.2、ASTM C1048、 ASTM C1464、EN1863、EN12150

製品仕様
タイプ 厚さ(mm) 最大サイズ(mm) 最大曲げ高さ(mm) 形状
一般曲面タイプ 3-19 3000×6000 1000 円柱形、円錐形、"S"、"Z"、"U"、半球およびその他不規則な3次元形状
曲面強化タイプ 4-25 3200×5000 700 単半径、円錐曲線
大型曲面強化タイプ 4-15 12000×2000 700 単半径または多半径

関連製品名
面取りガラス|交換ガラス|曲げガラス卸売り

お問合せ